北海道池田高等学校
総合学科  
 
Home
 
北海道池田高等学校
〒083-0003
北海道中川郡池田町
字清見ヶ丘13番地
TEL:015-572-2662(事務室)
   015-572-2663(職員室)
FAX:015-572-1155

E-mail:
ikeda-z1@hokkaido-c.ed.jp

 池田高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 先日の6月4日、帯広では気温34度の猛暑日となりました。これはこの日の日本最高気温でした。寒暖のはっきりした十勝とは言え、5月や6月にこんな気温になることは明らかに温暖化の影響であると思われます。私は道南の生まれですが、その昔は30度を超えることは稀のことで、あるとすれば、真夏の7月末から8月初旬に数日あるかないかでした。お盆が過ぎれば、秋の気配がというのが北海道ですが、昨今のこの季節感には戸惑うばかりです。思うのは一昨年の十勝を襲った台風が繰り返されないか危惧してしまいます。あの台風で生徒玄関前の桜の大木が折れてしまい、生徒の安全のため泣く泣く伐採しました。桜吹雪の中を玄関をくぐる生徒の姿が見られなくなり、寂しい思いをしていましたところ、100周年事業の一つとして、桜の木を植樹していただけることになりました。まさしく、次の100年の池田高校の歩みとともに成長するシンボルツリーとなります。 
 さて、5月末に行われた高体連の支部予選が終わり、個人で陸上、柔道が全道大会に出場します。野球部は6月23日からは夏の甲子園を目指し支部の予選に挑みます。先月行われた春季支部大会では部員10名にもかかわらず、帯広市内高を二校破り大健闘でした。夏の予選は恒例の全校応援も行います。校長としてはグランドに立つ選手、応援する生徒共にはじける笑顔が見たいと心より思っています。地域の皆様のご声援もよろしくお願いします。

 以前より、このHP上でもお知らせいたしておりましたが、池田高校は本年、平成30年に創立100周年を迎えます。十勝における伝統ある教育機関として、現在まで一万四千有余の卒業生が巣立っている十勝管内では二番目に古い歴史を有する屈指の伝統校です。創立100周年の式典は10月13日(土)に本校において開催いたします。多数の来賓や今日まで池田高校に携わってこられた方をお招きし、100年の節目に相応しい式典となるよう、協賛会並びに地域の皆様のご理解・ご協力の下、準備が進んでおります。
 校長といたしましても、この創立100年を期に本校を生徒にとって、さらに充実した学びの場として発展させ、これからの池田高校を守り続けていきたいと強く心に思うところでございます。皆様におかれましては、引き続き本校に対する、ご理解ご協力を切にお願い申し上げます。
 また、協賛会においては本校の生徒のために協賛事業として、北海道池田高等学校クラウドファンディングを実施することとなっております。インターネットを通じて、多くの方のご支援を呼びかけ、創立100周年を記念して本校の教育の充実の一助とする趣意と伺っております。校長といたしましても、このご厚意に心より感謝申し上げ、一人でも多くのご賛同をいただければ、幸いでございます。何卒、ご理解の上、よろしくお願い申し上げます。
                            
                               北海道池田高等学校長  鶴 喰    優

《クラウドファンディングについて》
 募集期間は6月1日〜7月15日となっております。
 詳しくは、北海道池田高等学校クラウドファンディングで検索していただくか、池田高 HPのバナーからもアクセスできます。
 詳しくは、校内(100周年記念協賛会事務局)までお問い合わせください。

                    


 


大正7年5月15日 川合女子実業補習学校設立許可、川合小学校を使用して開校
昭和2年3月23日 校名を池田実科女学校と改称
  4年4月11日 池田実科高等女校設立認可
  6年4月21日 北海道池田高等女学校設立認可
  8年4月1日 北海道庁立に移管され、北海道庁立池田高等女学校と改称
  17年7月7日 町立北海道池田中学校設立認可
  18年9月21日 庁立池田高等女学院10周年記念式典挙行
  23年3月31日 学制改革により、北海道立池田女子高等学校、
         町立北海道池田高等学校と改称
    10月15日 定時制課程(普通科)設立認可
    10月20日 北海道立池田女子高等学校定時制課程開校
  24年3月19日 北海道立池田女子高等学校幕別分校定時制課程
         普通科設置
  24年3月31日 町立北海道池田高等学校、北海道立池田女子高等学校を統合
         し、北海道立池田高等学校と改称、全日制課程普通科4学級
         定時制課程普通科1学級の男女共学となる
  25年4月1日 北海道池田高等学校と改称
         幕別分校は町立幕別高等学校(定時制)として独立
    5月1日 北海道池田高等学校浦幌分校(定時制課程)設置
  26年6月20日 校歌制定(西条八十作詞、古関裕而作曲)
  27年4月1日 北海道池田高等学校浦幌炭鉱分校(定時制課程)設置
  27年11月1日 浦幌分校は北海道浦幌高等学校として独立、浦幌炭鉱分校は
         北海道浦幌高等学校の分校となる
  30年10月7日 創立35周年記念式典挙行
  41年12月26日 新屋内体育館(清見ケ丘)落成
  42年4月1日 定時制課程募集停止
    5月2日 新校舎移築認可、この日を開校記念日に制定
    9月4日 新校舎移築完成
  43年9月8日 創立50周年記念式典挙行
  45年3月15日 定時制課程閉課
  47年12月20日 柔剣道場竣工
  53年9月2日 創立60周年記念式典挙行
  61年12月9日 校舎改築第一期工事落成
  62年12月7日 校舎改築第二期工事落成
  63年10月8日 創立70周年記念式典挙行、校訓「創造実践」を制定
平成3年1月11日 カナダ、ペンティクトン・セカンダリースクールと姉妹校
         提携
  4年8月26日 徳島県立池田高校と姉妹校提携
  7年4月1日 一問口減(全日制普通科4学級)
  10年10月17日 創立80周年記念式典挙行
  11年6月4日 カナダ、サマーランド・セカンダリースクールと姉妹校提携
  11年10月27日 新屋内体育館落成
  15年1月9日 カナダ、プリンセスマーガレット・セカンダリースクールと
         姉妹校提携
  15年4月1日 第1学年から、総合学科に学科転換
  16年3月10日 総合学科転換改修工事完成
    3月15日 産業教育施設(産振棟)新築工事完成
  17年2月9日 高等学校教育情報化設備整備工事完成
  18年3月23日 柔剣道場改築工事完成
  18年3月31日 普通科閉科
    4月1日 制服改定、一学級減で三学級となる
  20年10月19日 創立九十周年記念式典挙行

  24年4月1日 一学級減で二学級となる    

  
創造 実践(そうぞう じっせん)

現在に満足することなく、常によりよきものを求め、思考し改善しようとする意欲は学習の根幹である。
あわせて実践なき思考・理念は無意味であり、自ら実行する力を涵養する。 (昭和63年制定)
(1)知性を磨き、創造力豊かに深く考える人
   (考える力・学力)
(2)心と体を大切にし、思いやりのある人
   (人格形成・健康)
(3)生き方や進路を探究し、進んで実践する人

   (生き方・進路)
    
Copyright(C) 北海道池田高等学校 All Rights Reserved.

newpage1.htmlへのリンク